投稿日:2024年2月23日

お客様向け!フローリング工事を依頼したきっかけ

こんにちは!京都府京都市、滋賀県大津市に拠点を構え、フローリング工事やクロス張り替えなどの内装リフォームを手掛けています株式会社岡真巧舎です。
フローリング工事を実施したきっかけはお客様によって異なります。
そこで今回のコラムでは、フローリング工事を依頼したきっかけをご紹介いたします。
ぜひ参考になさってください。

経年劣化

フローリング職人
フローリング工事を実施したきっかけの1つに経年劣化があります。
フローリングは衝撃や汚れを直接受けるため使用頻度が高ければ高いほど経年劣化を促します。
経年劣化の代表的な例としては、太陽光による変色や日焼けです。
飲料をこぼしたシミやカビ、窓を閉め忘れて雨が吹き込んだためにできた変色も経年劣化の1つになります。
フローリングの耐用年数は、約15年から20年です。
そのため、耐用年数の前後になると変色や色焼けが特に目立つようになります。
フローリングにおける色焼け・変色及び機能性の低下が著しくなってきた場合には、フローリング工事を検討しましょう。
また、経年劣化と混同されがちな症状として通常損耗があります。
経年劣化は、時間の経過と共に生じる劣化を指します。
一方、通常損耗は、普通の生活を送っていて生じる劣化のことです。
通常損耗に常日頃から気をつけることにより耐用年数を引き伸ばすことができます。

損傷・凹み

フローリング工事を実施する最大の理由に、損傷・凹みがあります。
損傷は特に日頃から気をつけたいポイントの1つです。
衝撃的な力が加わる場合や、小さな衝撃でも損傷を引き起こしてしまいます。
小さなお子様の落書きやペットによる損傷も該当します。
また、掃除機など日常的に使用するものの継続的な力や衝撃が相まって損傷を引き起こしてしまうケースもあるのです。
そして、より損傷が強い場合には、凹みや剥がれに繋がっていきます。
上記のことが多発しないためにも、カーペットや緩和剤を敷くことによって強い衝撃を分散させることができます。
フローロング工事は、内装リフォーム業者である弊社にお任せください。

岡真巧舎へご相談ください!

木問い合わせ
高品質な店舗リフォームも弊社にお任せください!
お客様のご要望をお伺いした上で、長期的な視点を持ち合わせて最適な方法をご提案させていただきます。
施工のご依頼は、お問い合わせページよりお願いいたします。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

採用情報
株式会社岡真巧舎は滋賀県大津市・京都府京都市ほか近畿一円で活動するリフォーム工事業者です
株式会社岡真巧舎
〒520-0232
滋賀県大津市真野2丁目12番19号
TEL:0800-808-0246 FAX:077-574-5360


関連記事

京都三条 リフォーム工事 着工

京都三条にてリフォーム工事の着工(スタート)です。 今回の現場では、坪庭横にある物置小屋を解体し、離 …

町屋 リフォーム工事

町屋 リフォーム工事

町屋にて手がけているリフォーム工事の続きをご紹介します! 前回の様子はコチラからご覧ください。 町屋 …

子供部屋リフォーム

子供部屋リフォーム

お客様が綺麗な青色クロスをお選びになられました 全体に白基調のお部屋で鮮やかな色分けです …

お問い合わせ  採用情報